大好きなプラモ、フィギュアの写真レビュー

  1. メモルカ
  2. ホビー
  3. 【東宝怪獣コレクション】 ゴジラ(1984) レビュー

【東宝怪獣コレクション】 ゴジラ(1984) レビュー

【東宝怪獣コレクション】 ゴジラ(1984) の顔面アップ写真

こんにちはメモルカです!
あの「ゴジラをつくる」の衝撃から4年……。デアゴスティーニにまたゴジラが帰ってきました。その名も東宝怪獣コレクション

創刊号最初のフィギュアは通称84ゴジラ。VSシリーズのプロローグ的映画である第1作「ゴジラ(1984)」に登場したゴジラです。VSシリーズ直撃世代の僕が見逃すことはできません!早速レビューしていきます!

東宝怪獣コレクション

デアゴスティーニ「東宝怪獣コレクション」創刊号 パッケージ写真
商品パッケージ。創刊号は特別価格990円(税込)。
名称東宝怪獣コレクション 創刊号
付属1/700 ゴジラ(1984) フィギュア
価格990円(税込) ※創刊号特別価格

テーマに合わせてパートワーク(分冊百科)形式で雑誌を販売しているデアゴスティーニ。これまであらゆるサブカルチャーをテーマに、多種多様なシリーズを展開してきました。

デアゴスティーニと言えば毎号パーツが付属し、全号揃えて完成させるシリーズが有名です。しかしとてつもない根気とお金が必要な大人の趣味。全部で100号ぐらいするので途中で挫折する人も数知らず……。チキンの僕は一冊完結型以外は怖くて手が出せません。。

今回の「東宝怪獣コレクション」は、基本的には完成フィギュアで提供しつつ、大型怪獣だけは何号か分割されるという形式なので、非常に買いやすいのがポイント。お財布とフィギュアのクオリティを見極めながら、自分の好きな怪獣が出た時だけ買うという選択も出来ますよ。

キット全容

【東宝怪獣コレクション】 ゴジラ(1984) の梱包状態
解説書とフィギュアの箱。

フィギュアの箱はこんな感じ。解説書を剥がしてこのまま飾っても映えそうですね。中身も全て見えてコレクター向けな装いです。

付属の解説書を剥がす作業は毎回苦労します。。意外と大胆に引っ剥がして良い説がありますが、緊張しますよね。

【東宝怪獣コレクション】 ゴジラ(1984)  フィギュア全身を撮影
造形はかなり良し。84ゴジラのイメージそのもの。

全身の姿。創刊号価格ですが990円(税込)でこのクオリティ!映画の84ゴジラそのものです。

サイズは高さが約11.4cm程度。今回の東宝怪獣コレクション最大の特徴は「1/700 統一スケール」ということ。劇中に登場する怪獣の公式設定を基準に、全て1/700で統一。フィギュアを並べて飾った際に、各怪獣の大きさを比べて楽しめます。

今号の84ゴジラは公式設定で身長が80mあるので、このサイズになりました。

【東宝怪獣コレクション】 ゴジラ(1984)  フィギュアを正面から撮影
正面からのカット。この佇まい、映画スチールのイメージそのままです。

正面からの佇まい。もはや84ゴジラの有名なスチールそのものですよね。

これぐらいの小さいサイズのゴジラフィギュアは、過去に何度か発売されていますが、その中でもかなりハイクオリティの部類かと。

ゴジラ(1984) をサイドから撮影した写真。84ゴジラの長い尻尾も押さえている。
84ゴジラの特徴の1つ。尻尾の長さも完全再現。

84ゴジラの長い尻尾。VSシリーズから入った僕はこれが普通ですが、実は昭和ゴジラ(※厳密には84ゴジラも昭和ですが、VSシリーズと同一個体なので僕は平成ゴジラに分類します)は尻尾が少し短めでした。今号の資料によると節の数は84ゴジラから増えており、重量感のあるフォルムになったとの事。

「デアゴスティーニ 東宝怪獣コレクション」ゴジラ(1984) を右斜正面からのカット
悪そうな顔つき。

もうちょっと大きいと嬉しいけど、今後を考えれば限界か

さて造形は文句なしの東宝怪獣コレクションですが、サイズは1/700と少し小さめ。

実は今号84ゴジラの約11.4cmでもまだ大きい方で、次号のメカゴジラ1974はなんと約7cmガシャポンのゴジラHGシリーズとほぼ大差なしという小ささ。う~ん統一スケールの醍醐味とはいえ、流石に小さすぎるかも……。

【東宝怪獣コレクション】ゴジラ(1984) と【S.H.MonsterArts】ガイガンを並べて撮影。サイズの違いが一目瞭然。
ちょい前に発売された「S.H.MonsterArts」のガイガンと並べるとこれぐらいのサイズ差。

とはいえこれ以上大きくすると、今後予定されているシン・ゴジラやデストロイアが大変なサイズになってしまうので、そのあたりのバランスが一番良いのが結局1/700なのでしょう。

デアゴスティーニのコレクションシリーズは大体が「ちょい小さめ」ぐらいのサイズなので、販売価格とのバランスも練られたサイズなのかなと思います。

ゴジラ(1984)とガイガンのカット
ちなみに今後ガイガンも発売予定との事。というかパッケージ写真に思いっきり載ってる。
ゴジラ1984を顔面アップで撮影。映画のスチールそのもののクオリティ
炊飯器スーパーXからはこう見えていた模様。怖すぎるだろ。

以上、東宝怪獣コレクション創刊号「ゴジラ(1984)」のレビューでした!

創刊号なので大分気合が入った造形で、非常にハイクオリティのフィギュアでした。大満足です。今後どんな怪獣がラインナップされていくのか楽しみですね。「東宝怪獣」という点がポイントでゴジラ映画に限定していない点も注目です。

うーん何が出るでしょうか。ヤマタノオロチ?(メチャクチャ分割されそう)

上に戻る